Semafor使用中のタブレットデバイス画像

スウェーデンのフードテック企業が開発 店舗での食品廃棄物を削減するデジタルソリューション

SCOPEとスウェーデンのフードテック企業 Whywaste社は、
技術とノウハウ、学習とベストプラクティスを共有し、
食品廃棄物の削減ソリューションの普及と開発に取り組んでいます。
日本では、SCOPE内のプロジェクトチーム「Whywaste Japan」にて、
「食品廃棄物削減」の取り組みを推進しております。

詳しくはこちら

知的にスマートに!廃棄物を削減します。

多くの流通企業とのベストプラクティスを蓄積して磨き込んだソリューションです。
あらゆるサイズの店舗で確実に効果を体験することができます。Semaforを中心にアプリを連携することで廃棄物削減の効果を高めます。”インテリジェンス&スマートなソリューション”と評価をいただいています。店舗の持続可能性を高めるとともにブランディングの向上にも貢献します。

Introduction store 10カ国、25以上の小売チェーン、
2000店舗が導入

導入店舗のロゴ画像一覧

Benefits 食品廃棄物とともに、
コストと作業時間を削減!

※スウェーデンにおける実績です

  • 廃棄物を最大
    40%削減

  • 作業時間を
    最大50%節約

  • クレーム
    97%削減

    ※期限切れ商品の販売に関するクレーム